「次は日常を染めたい。」大下倉和彦さんインタビュー

「次は日常を染めたい。」

染物と聞くと、質は良さそうだけどなんだか古めかしくて、高くて、扱いも難しそうなんてイメージがある。

でも、それならば質はそのまま、現代風で、そんなに値段もはらずに扱いも簡単な染物があったらどうだろうか。

そんな夢のような染物を作っている染師の方がいる。それが今回インタビューさせていただいた大下倉和浩さんである。
Takakura kazuhiko

こんにちは。宜しくお願いします

ーこんにちは。宜しくお願いします。

 

そもそも、どうして染を始めようと思ったんですか?

ーもともと実家が染師だったのが一番のきっかけですかね。
僕は次男だったし、警察官にでもなろうかと思っていたんです。
うちではもともと白い織物ばかりしていたんですけど、なかなか事業が苦しくて。手伝わないと、みたいな(笑)

 

高蔵染というとすごく自由で革新的なイメージがありますがどうしてそのスタイルになったのでしょう?

ーもともとはシルクスクリーンを使ってきっちりやるような仕事もやっていたんですけど、おもしろくなくて。
仕事がうまくいってなかったってのもあるのかもしれないんですけど、なんだかしっくりこなくて。
誰でもできることをなんで自分がしないといけないんだろうって。そこでクリエイティブなことをしていきたいと
思った時にコムデギャルソンやイッセイミヤケとの仕事もするようになっていったって感じですかね。
あと、苦しかった会社がついに倒産して。その倒産で機械設備一式無くなったんですけど、やっぱり染をしたいと
思ったんです。そこでハンドメイドで、かつクリエイティブなエッセンスを含んだ高蔵染の原型が始まったって感じですかね。


 


現在はどんなことをされているんですか?

ー染を続けていくうちに、ただ自分がやっていきたかったことをするって感じからその伝 統を現代風にアップデートして
いかなくては、若い人たちに伝えなければ、という想いか ら作っていくっていく感じになってきたんですよね。
その想いもあって、Tシャツやクラ ッチバッグといった日常のアイテムに染物のエッセンスを注入していくという
今のスタイルができて、今はそれを家具などにまで広げていっているって感じですかね。

 

将来的にはどんなことをしていきたいと思っていますか?

ーもっと大きなものを染めていきたいですね。例えば、家とか。住空間を染めたいですね。 アートなんていうものを学校で勉強したわけじゃないけど、僕は見て良い気持ちになるものがアートだと 思ってるんです。そんな、自分の考えるアートを日常にまで広げていきたいですね。 そう、日常を染めたい。あと、今はアジアに展開しているからこれからヨーロッパにも広げていきたいかな。

やっぱり職人というより「アーティスト」ですね(笑)

ーうーん、、なんでもいいですよ。ただ、職人ではないとは思いますね。同じものがたくさん作れないんです。 でもアーティストの方と比べるとものを作るスピードは全然違うと思います。僕は僕ですよ。 大下倉は、大下倉です。高蔵染をやってます、って感じですね(笑)

 

ありがとうございました。最後にくるくるに対して一言お願いします。

ー人間って、いろんなものを見て初めて自分の感覚のスイッチが入ったりすることもある と思うので、
今まで思っていた常識みたいなものを疑うきっかけになる場所、新たな価値 観を見いだす場所になってくれれば
いいかなと思います。今回の自分の展示もそのために すこしでも力になれたらいいな、と思いますね。

No Comments

Post A Comment